百歳にもなると、人間は愛や友情に頼らずにすむ。さまざまな災厄や不本意な死に怯えることもない。芸術や、哲学や、数学のいずれかに精進したり、独りでチェスの勝負を楽しんだりする。その気になったら自殺する。人間が己れの生のあるじならば、死についても同じである。
「疲れた男のユートピア」(J.L.ボルヘス著/鼓直訳)より

2018年6月23日土曜日

田舎の流儀

田舎では昔、枕を使って老人を窒息させたものだという。賢明な処置であり、各家庭がそうした流儀に磨きをかけていた。老人たちを寄せ集め、柵のなかに閉じこめ、退屈を救ってやったあげく痴呆状態に追いこむのよりは、はるかに人間らしい手立てではないか。
「生誕の災厄」(E.M.シオラン著/出口裕弘訳/紀伊國屋書店)より

2018年6月14日木曜日

「六月大歌舞伎」夜の部

三越の地下でだし巻き卵と弁当をあつらえ、日本酒一合を買い求めてから、歌舞伎座へ。「六月大歌舞伎」の夜の部を觀劇。「夏祭浪花鑑」と「巷談宵宮雨」という夏らしい演目。

「夏祭浪花鑑」は団七に吉右衛門、お辰に雀右衛門など。美貌のお辰が鉄弓で自分の顔を焼く心意気が見せ場の一つだが、あっさり気味。この演目の目玉である祭の賑いと交錯する凄惨な殺しの場面は、流石に吉右衛門の貫禄だった。

「巷談宵宮雨」は龍達に芝翫、虎鰒の太十に松緑、おいちに雀右衛門など。私には「夏祭」よりこちらの方が面白かった。「巷談宵宮雨」は昭和初期、六代目菊五郎のために宇野信夫が書いて大当たりしたことで有名な怪談話。二十四年ぶりの上演とのこと。怪談は笑いのスパイスで怖さが引き立つものだが、今回の演出はやや笑いが前面に出ていたかも知れない。芝翫と松緑のやりとりの可笑しさが抜群で、芝翫はこういう方面の才能があるなあと思った。やはり歌舞伎座で観る怪談は良いね。


2018年6月12日火曜日

幸福を感じること

また、それ(幸福)が不完全なのは幸福を感じる者が悪いので、幸福を与える者のせいではないのだけれども、アルベルチーヌはまだそんなことに気がつかない年齢だったから(その年齢を越えられない人たちもいるものだ)、……
「失われた時を求めて」(M. プルースト著/鈴木道彦訳/集英社文庫)、第 8 巻(第四篇「ソドムとゴモラ II」)より

2018年6月4日月曜日

親切と育ちの良さ

「でも、あなたはわたしたちと対等です。たとえそれ以上ではないとしても」とゲルマント夫妻は、そのすべての行動によって告げているように見えた。しかも彼らはそのことを、考えられる限り最もやさしい口調で言う。それは自分たちが好かれ、賞讃されるためであって、その言葉をそのまま信じてもらうためではない。この親切さの虚構の性格をわきまえること、それこそ彼らが、育ちがよいと呼ぶところのものだった。一方、この親切をそっくり真実と思うのは、育ちが悪いのである。
「失われた時を求めて」(M. プルースト著/鈴木道彦訳/集英社文庫)、第 7 巻(第四篇「ソドムとゴモラ I」)より

2018年5月23日水曜日

数学と技術

そこで、わたしは仕事にとりかかったが、ここでいっておかねばならないのは、理性が数学の実質であり根源であるから、あらゆることを理性によって整え、正し、ものごとをもっとも合理的に判断すれば、だれでもすべての機械技術を身につけることができる、ということである。 
「完訳 ロビンソン・クルーソー」(D.デフォー著/増田義郎訳/中公文庫)、「七 生活の設計」より

2018年5月10日木曜日

團菊祭五月大歌舞伎:七十五歳の弁天小僧

新聞をすみずみまで読むのにも飽きたので、枝豆と缶ビールを持参し、三越の地下でお弁当を調達してから、歌舞伎座の夜の部へ。夕方からは晴れて、少しひんやりとする爽やかな日和。

今月は昼の部の、海老蔵が五役勤める「鳴神(雷神不動北山櫻)」が大人気のようだが、私はあえて夜の部で。「弁天娘女男白浪」、「鬼一法眼三略巻」、「喜撰」。

目当ては「弁天娘女男白浪」。やはり春には黙阿弥の五七調の台詞を聞くのが気分がよろしい。弁天小僧を菊五郎で。菊五郎は七十五歳だそうだが、それが十六七の「男の娘(おとこのこ)」の役をするわけだから、歌舞伎とは大したものだ。見ための綺麗さだけを言えば無理なところもある。しかし、お約束の名台詞の切れの良さは菊五郎ならではだし、左團次演じる南郷力丸とのかけあいなどは抜群の安定感。

「鬼一法眼三略巻」は智恵内実は鬼三太に松緑、虎蔵実は牛若丸に時蔵、皆鶴姫に児太郎など。小さくまとまった感はあるものの、安心して観ていられた。ちなみに私は児太郎のお姫様役が好きだ。

「喜撰」は喜撰法師に菊之助、お梶に時蔵など。舞踊はよくわからないなあ、といつも思っているのだが、菊之助は動きが軽妙で、型がぴたりぴたりと決まっていたし、時蔵の女形も好きなので、なかなか楽しかった。私が舞踊がわかってきたのか、特に舞台の出来が良かったのか、あるいは勘違いなのかは謎。



2018年4月24日火曜日

プルースト、三十歳の自己評価

「楽しみも目標もなく、活動も野心もなく、この先の人生はすでに終わったも同然で、自分が両親に味わわせている悲しみに気づいている僕には、わずかな幸福しかない」
プルースト、三十歳の自己評価。「プルーストによる人生改善法」(A.ド・ボトン著/畔柳和代訳/白水社)より